町屋再生とSDGsから見える、自分の中の価値観

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、みなさん。
永く心地よく暮らせる住まいづくりのスペシャリスト
NKプランニング株式会社(中谷工務店)の中谷耕三です。

今回は、
町屋再生とSDGsから、
建築と環境問題について語ります。

本日、
自ら奈良町屋を再生して、
事務所にされている建築士さんとの
打ち合わせがありました。

その方は、
奈良町屋での暮らしをイメージした
小冊子の制作に携わるなど、
積極的に活動されています。

「古くからのものを、もっと大切に使っていこう」
の価値観の持ち主で、
わたしもすごく共感しています。

お話の中で、
家が古いというだけで、解体される事例が多い。
文化面や環境面からも、
解体ではなく再生の選択肢を示したい。

との想いを話され、
私も再生事業を押し進めていこう!
と感じた時間になりました。

その夜、
clubhouseでお誘いがあった、
建設業とSDGsの関わりついて
話し合う機会をいただきました。

SDGsについては、
まだまだ理解不足なので
勉強の機会でとてもありがたいです。

そのclubhouseの中でも、
建築と環境の話になりました。

SDGsが掲げる17の目標には、
「環境問題」と直接明記はされていませんが、

13.気候変動に具体的な対策を

14.海の豊かさを守ろう

15.陸の豊かさも守ろう

という表現で、
環境に意識した目標が掲げられています。

これからの時代、
SDGsの理念の沿った事業運営が
求められるのは必然です。

建築に携わる者として、
自分は何ができるのか。

本日の2カ所での対話から、
私の結論は、

クラッシュアンドビルドからの脱却

既存住宅再生から廃棄物を減らす

に行きつきました。

町屋再生とSDGsという
全く関わりのないところから、
自分の進むべき道を再確認できました。

いろんな方と話すことで、
自分の考えは研ぎ澄まされていきますね

本当に、皆さんに感謝しています。



安心の住宅を手に入れるには、信頼のおける住宅調査から始めましょう!

地震に強い、地震に安全な住まいのために、耐震診断・耐震改修を!

家族に優しい住まいに、ユニバーサルデザイン・バリアフリーの介護改修を!

新築から古民家再生、耐震、バリアフリーリフォームは、NKプランニング株式会社(中谷工務店)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*