古材を再利用して、面影を残します

さてみなさん。
中谷工務店 一級建築設計事務所の中谷です。
今回のブログは、
その場所にあるものを最大限活用する、
当店のテーマ「古材活用」の一例を紹介します。
拝殿改修工事から生まれた古材を再利用して、薪小屋などの刻み仕事が始まりました。
IMGP1775.jpg
古材は非常に乾燥しており、害虫にやられていなければ十分使用に耐えうる材料です。
IMGP1778.jpg
このようなかたちで先代の拝殿の面影を残しつつ、
完成に向けて目下施工中の新拝殿を、地元の人たちに長く使っていただければと思っています。
それでは、これから片づけをします(^^)/
奈良7人の建築家
地震に強い、地震に安全な住まいのために、耐震診断・耐震改修を!
家族に優しい住まいに、ユニバーサルデザイン・バリアフリーの介護改修を!
新築から古民家再生、耐震、バリアフリーリフォームは、中谷工務店一級建築設計事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です