古材の有効利用

古民家の改修工事の際、建てた当時の材料=古材が沢山出てきます。
昔の材料はサイズは不揃いですが、太く力強く、なかなかお目にかかれないものもあります。
こんな良い材料を使わない手はありません。
補強を兼ねて、柱や梁に姿を変えていきます。
そんな一例がこの写真。↓
091003-1.jpg
左手前の柱と、柱を繋いでいる下側の梁が、以前の2階にあった梁を使っています。
昔の手仕事の跡も、問題無い程度残していて、それが古材の魅力のひとつです。
ここはリビングなのですが、力強く、インパクトのある空間になりました。
建て主さんも、「お客さんにウケがいい!!」と喜んでくれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です