建築士が家電を語る

住まいに合わせた無線LANの選び方と設置のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

さて、みなさん。

永く心地よく暮らせる住まいづくりのスペシャリスト
NKプランニング株式会社(中谷工務店)中谷耕三です。

 

今回は、
建築士であり、
家電製品アドバイザーである私が、

暮らしに欠かせないライフライン
「インターネット環境」
を支える、

住まいに合わせた
無線LANの選び方と設置のポイント

についてお話します。

 

そもそもWi-Fi、LANってなに?

住まいの中でもお世話になっている
Wi-Fiですが、

外出先での喫茶店などでも、
Wi-Fi環境(無線LAN)が
あるお店を選ばれていませんか?

いまや1日のうちで目にしないことはない
Wi-Fi(無線LAN)ですが、

そもそもところ、
Wi-FiとLANとはなんなのでしょうか?

Wi-Fi

Wi-Fi(ワイファイ)とは、
対応した機器がお互い無線で通信する
接続方式規格の総称です。

始めは規格の名前だったのですが、
広い意味では、
無線でLAN(Local Area Network)につなげる、
無線LANのこととして使われています。

 

LAN

LANとは
「Local Area Network」(ローカル・エリア・ネットワーク)
の頭文字で、
家庭や会社など限られたエリア内で、
パソコンなどの機器をケーブルや無線で接続して
データのやりとりを行える
コンピューター・ネットワーク(通信網)のことです。

住まいの中でも
パソコン・スマホ・ゲーム機・家電と
いろんなものを繋げることで、
生活様式は大きく変わってきました。

最近では
Wi-Fiと無線LANが同義になってきています。

 

Wi-Fiを構築するために必要なモノ

Wi-Fiを利用するためには、
Wi-Fiルーターが必要となります。

Wi-Fiルーターとは、
Wi-Fi機器と電波の送受信を行い
LANとの仲介を行うための機器のことです。

Wi-Fiルーターには様々な規格があり、
住まいの大きさや形状、
室内の設備や生活スタイルによって選ぶ
ことが大切になります。

 

Wi-Fiルーターの選び方

選ぶポイントは大きく分けて、

・通信速度重視
・つながりやすさ重視

のふたつになります。

通信速度重視

・テレワークやオンライン授業が多くなった
・Wi-Fi機器が増えてきた
・オンラインゲームが趣味

のような方には、最新規格の
【Wi-Fi6(11ax)】
がオススメです。

Wi-Fi6対応ルーターの一例です。複数のアンテナが飛び出すモデルが多いです。(BUFFALO社HPより引用)

現行の最高速度を誇る規格で、
多くの機器を同時につないでも、
安定した通信が可能になります。

これからルーターを買う方は、
まずWi-Fi6からチェックしてください。

 

つながりやすさ重視

3階建て住宅などの
大きなお住まいでは、
家の中でも電波がつながりにくい
ことがあります。

これは、家の中にある
家具・家電・住宅設備
によって引き起こされます。
(詳細は後述します)

この問題を解決するために、
【メッシュネットワーク】
という仕組みがあります。

メッシュネットワークのイメージ図です。(BUFFALO社HPより引用)

親機(電波を出す機器)と複数の中継機が
お互いに通信しあうことで、
家の中に網目(メッシュ)状に
ネットワークをつくる仕組みです。

メッシュネットワーク対応のルーターの一例です。(BUFFALO社HPより引用)

部屋の見えるところにたくさん置く前提なので、
デザインにこだわった商品が多くあります。

今のお住まいで
スマホがよく途切れる方は、
【メッシュネットワーク】
要チェックです!

 

住まいの中にある、電波の弱点3選

目に見えない電波ですが、
様々なモノの影響を受けています。

その代表的なものを3つ挙げましょう。

電子レンジ

キッチンでレシピ動画を見ているさなか、
急に途切れたりすると、

電子レンジが原因かもしれません。

電磁波で調理をするため、
電波への影響が大きいです。

キッチンのシンク

キッチンのシンク
高さはあまりありませんが、
電波の障害物となることが多くあります。

床暖房

電波は金属に弱いため、
床暖房が障害物となりやすいです。

特に2階に床暖房を設置した場合は、
影響が出やすいと言われます。

 

Wi-Fiルーター選びと設置のポイント

電波の特性を十分に発揮させるためには、
家に合った性能と設置位置があります。

①家の広さや間取り

家の広さや間取りにあったものを選ぶ
広くて隅々まで電波が届かない場合は、
【メッシュネットワーク】をチェックです。

②見通しの良さ

単純なことですが、
見通しが良ければ電波もよく届きます。
ルーターを高いところに設置するだけでも、
電波状況が改善されることがあります。

③同時接続

パソコンやスマホに加えて、
これからはIoT家電など
ネットにつながるモノは、
これからもますます増えていく一方です。

同時接続しても速度が落ちづらい
【Wi-Fi6(11ax)】をチェックしてください。

④コンセントの数

以前のブログ
ネット環境を快適にする、オススメアイテム2選とLANの使い分け

でも書きましたが、
Wi-Fiルーターの周りには
インターネット関連機器が集中します。

タコ足配線になりかねませんので、
十分なコンセントの数を計画しましょう。

 

まとめ

・Wi-Fi:
 無線で通信する接続方式規格の総称

・LAN:
 パソコンなどの機器同士をつないだ
 コンピューター・ネットワーク

・Wi-Fi6(11ax)は、Wi-Fiの最新規格

・メッシュネットワークで隅々まで電波が届く

・電子レンジ.床暖房.シンクに、電波は要注意!

・ルーター設置のポイント
 ①家の広さや間取り
 ②見通しの良さ
 ③同時接続
 ④コンセントの数

 

おわりに

インターネット環境は、
電気・ガス・水道と並ぶ、
間違いなくインフラです。

その環境が快適になって、
生活がより豊かに心地よくなる。

そんな発信をしていきたいと考えています。

リフォームなどの際、
住まいかたと家電について
ご質問ご相談等ありましたら、

コチラまでお気軽にお問合せください。

一級建築士であり家電製品アドバイザーである
私が親身になってお応えいたします。

ご質問ご相談だけでもお気兼ねなくお寄せください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

参考HP:
株式会社バッファロー | BUFFALO INC.

 

安心の住宅を手に入れるには、信頼のおける住宅調査から始めましょう!

地震に強い、地震に安全な住まいのために、耐震診断・耐震改修を!

家族に優しい住まいに、ユニバーサルデザイン・バリアフリーの介護改修を!

新築から古民家再生、耐震、バリアフリーリフォームは、NKプランニング株式会社(中谷工務店)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*