窓リフォーム

プチリフォームの定番!内窓リフォーム5つのメリット3つのデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

さて、みなさん。

永く心地よく暮らせる住まいづくりのスペシャリスト

NKプランニング株式会社(中谷工務店)の中谷耕三です。


さて今回は、

プチリフォームの定番!

内窓リフォーム5つのメリット3つのデメリット

と題してまいりましょう。


以前に書いた窓リフォームのブログが好評だったので、

もう少し深掘りした内容をお届けしようと思ったわけです。


因みに以前のブログはコチラなので、

まだの方は合わせてお読みください。

プチリフォームに最適!お得で見違える、窓だけリフォーム3選!!

では、早速まいりましょう!


お手軽なリフォームで効果も実感できる

「内窓リフォーム」は、

大きくは5つのメリットがあります。


そして、これはいたしかたないのですが、

何事にもデメリットはありまして、

内窓の3つのデメリットもお伝えします。


皆さんの比較検討の一つになれば幸いです。


まずは内窓5つのメリットからお伝えしましょう。


1.断熱性があがる

何においても断熱性UPは外せませんね。

窓が2枚になることで部屋の気密性が上がり

断熱性が上がるのです。


冬は、窓際の冷気も止めてくれますし、

夏は、外からの暑い日差しを和らげてくれます。

暖房や冷房の効き具合もかなり変わります。


ガラスを触って室内と同じ温度なら効果がある証拠です!


2.結露しにくい

窓が2枚なので、外気に触れて冷える窓と

室内の暖かい窓の間に空気層ができて、

結露がおきにくくなります。


内窓は主に樹脂でできているのも、結露を抑えるポイントです。

結露が少なくなると、防カビ対策にもなりますね。


3.防音性があがる

同じく気密性が上がると、外からの音が入りにくくなります。

以前交通量の多いお客様に採用いただいたときに、

静かになってよく眠れます!

と喜んですごく喜んでもらえたのを思い出します。


4.窓の色を選べる

見逃しがちなポイントがコチラ。

昔からのアルミサッシは、

まさに1円玉のアルミ色か、

濃い茶色がほとんどです。


しかし内窓は樹脂でできているので、

印刷で多彩な色を表現できます。

内装リフォームをするときに、

内窓の色を合わせてコーディネートすると、

「いままでの窓だけが取り残された感」

がなくなり、部屋の雰囲気のがらりと変わります!

5.防犯性があがる

窓が二重になるので、鍵も2つになります。

空き巣は忍び込むまで時間がかかると、

通報や見つかる可能性が高まるので、

手間がかかりそうな窓は敬遠するのです。

侵入の抑止力として有効です。



ざっとあげただけでも

こんなにたくさんのメリットがありますが、

残念ながらデメリットもあるのです。


では、内窓の3つのデメリットとは、

1.お値段が上がる

今までの窓に比べて,

どうしてもお値段が上がってしまいます。

同じものが2つあるので当然ですが、

コストがかかってしまいます。


2.気軽に換気ができない

内と外に窓が2ヶ所あるので、

2回開けないと換気できなくなります。

何度も開閉することは少ないかもしれませんが、

ストレスは感じてしまいますね。


3.おそうじが大変

窓が2ヶ所なので窓ふきも2倍!

これはどうしようもありません・・・。

特に2階を内窓にするときは、

おそうじのことも考慮して選ぶことになります。


いかがでしたでしょうか。

ざっとメリットデメリットを紹介してまいりました。

デメリットもありますが、

それを上回るメリットを感じてもらえたと思っています。

【 窓から始める快適な暮らし 】

をお考えになってみてはいかがでしょうか。

思い立ったらぜひ当社にお気軽にお問合せください。

ベストな提案を丁寧にお伝えいたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

安心の住宅を手に入れるには、信頼のおける住宅調査から始めましょう!

地震に強い、地震に安全な住まいのために、耐震診断・耐震改修を!

家族に優しい住まいに、ユニバーサルデザイン・バリアフリーの介護改修を!

新築から古民家再生、耐震、バリアフリーリフォームは、NKプランニング株式会社(中谷工務店)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*