地域再考 -地元を盛り上げたい-

「コンポスト」ってご存じですか?-自然とともに暮らすライフスタイル‐

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

さて、みなさん。

永く心地よく暮らせる住まいづくりのスペシャリスト
NKプランニング株式会社(中谷工務店)の中谷耕三です。


今回は、

clubhouseで話題になったことから、
地方で自然を感じる生活ついて考えてみました。


毎週土曜日の夜に、
clubhouseで
SDGs(持続可能な開発目標)について
モデレーターのひとりとして
話す機会があります。

その中で、
SDGsの目標に沿った、
日常でできる活動とは何か?

そこで話題に上がったのが、

「コンポスト」

でした。


初めは全く分からなかったのですが、

コンポストとは
「堆肥(compost)」や
「堆肥をつくる容器(composter)」

のことだそうです。

家庭からでる生ごみや落ち葉や下水汚泥などの有機物を、
微生物の働きを活用して発酵・分解させます。


昔から伝承されてきた
日本の大切な知恵のひとつです。


よくよく思い出せば、
実家の畑でも同じことをしていたような。

あれを「コンポスト」っていうんですね。


その方は6年ほど続けられているらしく、

・生ごみを捨てる手間がなくなった
・驚くほどにごみが減る

と語られていました。


何より

時間はかけるが、手間はかからない

ところが魅力的です。


「手間はかからない」
は、持続させていくためには大きな要素だと思います。

無理せず続けていけることから取り組み、
持続させていくことで未来をよりよくする

のが、
SDGsの本質なのではないか。
と感じています。


SDGs 17のゴールのひとつ
「住み続けられるまちづくりを」
から導いた、

地方での生活の魅力を気づかせる

をテーマとして活動する私としては、
この「コンポスト」も
取り入れていこうかと感じています。


以前書いたブログ
心地よさと過ごすライフスタイル

の中で、

自分の時間を大切に、心地よく過ごす。

その方法のひとつに
【 地方移住 】

があるのではないか。
と書いています。

そこには、
家庭菜園で土をいじるイメージも
あるのではないでしょうか。

そこに「コンポスト」を組み込められれば、

自然に還すことから、
自然とともに暮らす


を体感できるのではないでしょうか。


そのためにも、
まずは私が「コンポスト」をやってみよう。


さっそく、
実家の畑にいってきます。


※コンポスト説明文 引用
LFCコンポスト ホームページより引用
https://lfc-compost.jp/


安心の住宅を手に入れるには、信頼のおける住宅調査から始めましょう!

地震に強い、地震に安全な住まいのために、耐震診断・耐震改修を!

家族に優しい住まいに、ユニバーサルデザイン・バリアフリーの介護改修を!

新築から古民家再生、耐震、バリアフリーリフォームは、NKプランニング株式会社(中谷工務店)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*